HOME

メニュー

性器ヘルペスは治療後もウイルスが潜伏し、免疫力が低下した時に再発します

唇・口、性器を住処とする単純ヘルペスウイルスに感染する「性器ヘルペス」は、オーラルセックスを行うカップルの増加に比例して、感染者が増えています。特に女性の感染者が増えており、男性の2.5倍となっています。

性器ヘルペスを初めて発症した場合、症状が強く出るのが特徴で、具体的には性器の皮膚や粘膜に複数の水疱ができ、やがて破れて潰瘍になります。歩行や排尿・排便が困難になるほどの激しい痛み、そして発熱が現れることもあります。

陰部に水疱、潰瘍ができているときは、感染液に触れてパートナーに感染することがあるので、セックスの際にコンドームを付けても感染予防にはつながりません。

一回感染すると治療後もウイルスが体に潜伏を続け、免疫系の働きが低下した時に再発します。再発時も小さな水疱や潰瘍ができますが、初めて発症した時に比べて穏やかで、耐えられない程の痛みはありません。

水疱や潰瘍などの症状に対しては軟膏、激痛や発熱に対しては抗ウイルス剤(フルマリン、ノイセフなど)の注射・内服薬が処方されます。治療の際にはパートナーも医療機関に同伴してもらい一緒に診てもらいましょう。

一度感染すると再発を繰り返し、完治が難しい病気なので、十分な睡眠と栄養をとって免疫力を低下させないように心掛けることが大切です。