HOME

メニュー

クラミジア感染症を放置すると子宮内膜炎や卵管炎を発症し不妊の恐れも

「性器クラミジア感染症」は、感染者数が横ばい、あるいは減少している他のSTDに比べて感染者が非常に多く、なかでも10~20代女性で増加傾向を示しています。性行為を通じて「クラミジア・トラコマティス」という病原体に感染してから、1~3週間の潜伏期間を置いて発病します。

性器クラミジア感染症の症状としては、女性はおりものの量が少し増えたり、下腹部が少し痛んだり、排尿時に染みるような痛みがあるなど、症状がかるく、全く自覚症状がない人もいます。男性は女性よりも症状が軽い傾向にあります。そのため本人が感染源と自覚がないままにセックスを行い、感染を拡大させてしまうということが、この病気の患者数が増えている理由のひとつです。

女性の感染者がクラミジア感染を放置していると、炎症が子宮内膜から卵管と段々と感染が拡大し、子宮内膜炎や卵管炎を引き起こす恐れがあり、ここまで感染が拡がると不妊症の恐れが出てきます。また妊娠できても、子宮外妊娠や早産となるリスクも孕んでいます。妊婦検診の際には母子感染を予防するために必ずクラミジアの検査が行われますが、妊婦検診で初めて感染に気が付く人も少なくありません。

幸い、クラミジアは効果の高い抗生物質(ミノマイシン、クラビット、クラリス・クラリシッド)があるので、よほど症状が進行してから医療機関を受診しない限り、短期間での治療が可能です。注意が必要なのは、セックスパートナーと治療を受けなければ、再度感染する恐れがあるということです。