HOME

メニュー

膣カンジダ症は抵抗力が弱まると再発しやすいため、完治が難しい

「膣カンジダ症」は、健康な人でも膣内に常在にしている真菌(カビ)が、セックスを通じてうつったり、病気、抗生物質の服用、妊娠などによって体の抵抗力が弱まった際に増殖することで発症します。掻き毟りたくなるような激しい外陰部のかゆみ、カッティングチーズ様な白いおりものが膣カンジダ症の代表的な症状です。

治療には抗菌剤が使用されますが、抵抗力が弱まると再発しやすく完治は難しいのが特徴です。再発時に限り薬剤師の指導の下、ドラッグストアで治療薬の購入ができるようになりました。

外陰部の痒み、セックス時の痛み、膿のようなおりものの増加、子宮の入り口の発赤などの不快な症状が特徴的な「膣トリコモナス」は、主にセックスを感染経路としてトリコモナス原虫に感染することで発症します。

膣には細菌やウイルスの感染を防ぐデーデルライン棹菌という善玉の常在菌がおり、膣を酸性を保っているのですが、トリコモナスはこの菌の働きを抑えて、膣の酸度を下げてしまいます。適切な治療を受けないでいると、卵管にまで炎症が及び不妊、流産・早産の原因となることがあります。

抗トリコモナス剤(メトロニダゾール)の飲み薬・膣座薬による治療で1週間ほどで治りますが、パートナーにうつされ、交互に感染しあういわゆる「ピンポン感染」が多いので、男性も泌尿器科・性病科で並行して治療を受けなければ意味がありません。

他の性感染症と比較して、コンドームなしのセックスで感染する確率が高い淋菌に感染して発症するのが「淋病」です。感染が尿道や子宮頚管から至急の奥や卵管に拡大すると不妊の原因になります。妊婦さんは産道感染で赤ちゃんが淋菌性結膜炎になり失明にいたるケースもあります。

淋病の症状としては、無症状の場合も少なくありませんが、黄色い膿のようなおりものの増加、排尿時の痛み、喉の腫れ・痛みなどが比較的わかりやすい症状です。近年はオーラルセックスの一般化により喉に風邪と似た症状を訴えて医療機関を受診する人が増えています。