HOME

メニュー

女性は尿道が短く、膣・肛門に近いため雑菌が侵入して膀胱炎になりやすい

「膀胱炎」は、尿道から雑菌(大半が大腸菌)が侵入して起きる膀胱の炎症です。尿道が男性よりも短く直線的な女性は膀胱に雑菌が侵入しやすく、女性に多い冷え性による抵抗力の低下などと相まって膀胱炎を起こしやすくなっています。

さらに女性は尿道が膣、肛門との距離が離れていないため、セックスやトイレの際にも菌に感染しやすいというからだの構造上の問題もあります。クラミジアや淋病に感染して、膀胱炎になったり、アナルセックスや不衛生な環境でのセックスが原因で膀胱炎を発症する女性も増えています。

排尿痛、頻尿が膣炎によって起きることもあります。いくら尿を調べても問題なく、それでも排尿痛や頻尿があるので膀胱炎の可能性を考えて抗菌薬を処方されたりします。キレイな尿の膀胱炎には間質性膀胱炎などがありますが、膣を調べてみると実は原因は膣炎だったということがあります。

膣炎には細菌性、真菌性(カンジダ)、トリコモナス原虫、萎縮性があります。有名なのカンジダですが、若い人に多いのは細菌性です。細菌性といっても、膀胱炎の細菌とは治療薬が異なるのでいくら膀胱炎の治療をしても効かないわけです。

膀胱炎との見分け方としては、細菌性は臭くて、薄くて白か灰色のおりものが増える、カンジダはチーズ状のおりものが増えて、我慢できないかゆみがでる、トリコモナスは我慢できないかゆみ、泡状で黄緑色のおりものがでます。萎縮性は閉経後の女性に多く見られます。あくまでも目安となる症状ですので、自己判断せずに早めに医療機関を受診してください。